1. 火災保険比較サイトi保険 TOP
  2.  > 物件から火災保険を選ぶ
  3.  > マンション管理組合の火災保険

マンション管理組合の火災保険

マンション管理組合の火災保険についてご紹介いたします。

マンション管理組合用火災保険とは?

マンション管理組合が管理する共用部分には、建物本体の階段や廊下やエレベーターなどだけではなく、付属設備・施設などマンション管理規約で定められる様々な共用部分が存在します。それらを幅広く補償するのがマンション管理組合用火災保険となります。
またこの火災保険は、施設等の管理に関わる賠償事故などマンションを取り巻く様々なリスクを補償する各種特約を付帯することで補償を充実させることができます。

保険の対象となる範囲(例)

保険の対象となる範囲(例)

【共用部分とは】

  • ① 専有部分以外の建物の部分
  • ② 専有部分に属さない建物の付属物
  • ③ 管理規約により共用部分となる建物の部分または付属の建物
  • ④ ①から③までに掲げる部分にある畳、建具その他これらに類する物
  • ⑤ ①から③に収容される区分所有者共有の動産(保険会社によっては特約を付帯することで補償対象となります。)
お見積もり・資料請求はこちら

取扱保険会社・保険商品一覧

朝日火災

マンション総合保険

セコム損保

家庭総合保険(マンション管理組合向け総合補償プラン)

損保ジャパン日本興亜

マンション総合保険

東京海上日動

新マンション総合保険

富士火災

マンション管理安心保険

保険選びのポイント

建物の評価額および保険金額の設定

前途の通り、当該保険は、マンションの共用部分に対する保険です。
共用部分の評価(再建築にどれほどの金額が必要か)を行う際、共用部分のみの建築費用は分からないため、一般的には「新築費単価法」という評価方法を用いて計算します。

【新築費単価法】
評価額 = 1㎡当たりの新築費単価 × 延べ床面積

尚、保険会社によっては、上記新築費単価に「上塗り」と「壁芯」の2つの基準から選択する商品があります。

上塗(うわぬり)基準(※)

界壁・構造柱・階層の本体はすべて共用部分であり、専有部分側の上塗部分だけが専有部分であるとする基準

上塗(うわぬり)基準

壁芯(へきしん)基準(※)

界壁・階層の中央部分(壁芯、天井および床の中心線)までが専有部分で、外側は共用部分あるいは他人の専有部分であるとする基準

壁芯(へきしん)基準

(※)上記は例ですので、管理規約により、詳細をご確認ください。

上塗り基準の方が、共用部分の範囲が広くなるため、評価額も高くなります。
評価額の設定が保険料にも影響致しますので、複数の保険会社を比較検討する際には、評価の条件は必ず揃えて比較下さい。
共用部分と専有部分の区別については、管理組合の規約に定められていますので、ご確認ください。

建物の評価額を設定したら、次に保険金額を設定します。
「評価額」 = 「保険金額」 が望ましいのですが、マンションの規模が大きくなればなるほど、火災事故時などにおける全損リスクは低くなるため、実際には、評価額よりも低い金額で保険金額を設定する契約が多く見受けられます。保険金額を低く設定すれば、保険料も安くなります。
しかしながら、万一、想定を超える損害が発生した場合には、保険金額がお支払いされる保険金の限度額となり、それを超えた損害分については、マンションの区分所有者全員の負担となります。
保険金額設定の際は、十分な検討と組合員の方のご理解が必要になります。

マンションにおけるトラブルと補償する保険

マンション管理組合運営には様々なトラブルがありますが、なかでも建物の不具合が多くの割合を占めております。 特に水ぬれ事故が大半を占めており、これらの事故に対応する補償は管理組合にとって必ず備えておきたい補償となります。
マンション自体の水濡れによる修理は基本補償の中の「水濡れ」で対応することができます。また、上階と階下の住民との間でトラブルに発展する可能性もあります。対応できる特約が有りますので、基本補償だけでなく、後述の特約のセットも併せてご検討ください。

マンション管理組合運営等のトラブル発生状況

マンション管理組合運営等のトラブル発生状況

マンション建物の不具合

マンション建物の不具合

平成25年度 国土交通省 マンション総合調査結果に基づき作成

ご検討いただく方が多いおすすめの特約や費用

個人賠償責任総合補償特約(包括契約用)

区分所有マンション居住者が、日常生活における偶然な事故または居住用戸室の所有・使用・管理にに起因する偶然な事故によって、他人の身体に障害を与えたり、他人の物を損壊したりして、法律上の賠償責任を負った場合に保険金が支払われる特約です。

※被保険者の範囲や補償額は保険会社により異なりますので、ご確認ください。

建物管理賠償責任特約(施設賠償責任特約)

建物の共用部分の所有、使用、管理等に起因する偶然な事故等によって、他人にケガをさせたり、他人の物を壊したりして、法律上の賠償責任を負った場合に保険金が支払われる特約です。

水濡れ原因調査費用補償特約

マンションにおいて水漏れ事故が発生した場合に、その原因調査に要する必要かつ有益な費用を補償します。

例えばこんな事故…

【水ぬれ事故が発生し、居住者の家財に被害】

  • ・上階に住む居住者がお風呂の水を溢れさせてしまった。⇒ 個人賠償で対応
  • ・共用部分である水道管が破裂。⇒ 施設賠償で対応

※水ぬれによる被害という結果が同じであっても、原因によって対応できる特約が変わりますので、もれなく補償を備えていくことが必要です。

  • ・水濡れの原因が分からない場合、原因を調査するために業者に依頼した際の費用⇒ 水濡れ原因調査費用

このホームページは、各保険の概要についてご紹介しており、特定の保険会社名や商品名のない記載は一般的な保険商品に関する説明です。 取扱商品、各保険の名称や補償内容は引受保険会社によって異なりますので、ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず重要事項説明書や各保険のパンフレット(リーフレット)等をよくお読みください。 ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。

いますぐ
一括見積り

火災保険ランキング