1. 火災保険比較サイトi保険 TOP
  2.  > 保険会社から火災保険を選ぶ
  3.  > AIG損保
AIG損保

AIG損保

AIG損保の火災保険
ホームプロテクト総合保険の補償内容

大切なお住まいや家財を火災や台風などのさまざまなリスクからお守りします。

お見積もり・資料請求はこちら

損害保険金

お客さまが心配されるリスクやニーズにあわせて、ご契約プラン(補償内容)をご選択ください。

■ 補償内容
  • ○=補償されます
  • ×=補償されません
Aプラン Bプラン Cプラン Dプラン Eプラン Fプラン
火災リスク
火災、落雷、破裂・爆発

例)火災により住宅が燃えてしまった。落雷で家電製品がショートした。

風災リスク
風災・雹(ひょう)災、雪災

例)台風で窓ガラスが割れた。台風で窓ガラスが割れて雨が部屋に入り、家電製品が濡れて使用不能になった。

水災リスク
水災

例)大雨で床上浸水となり、床や壁に損害が生じた。大雨で床上浸水となり、家具や家電製品が水に浸り使用不能になった。

× × ×
盗難

水濡れ等リスク
物体の落下・飛来・衝突等、水濡れ、労働争議に伴う破壊行為等

例)自動車に当て逃げされ、住宅がこわされた。給排水設備から漏水し、床や壁や家電製品が損害を受けた。

× ×
盗難

例)泥棒に窓ガラスをこわされた。泥棒に家電製品を盗まれた。

× ×
破損等リスク
不測かつ突発的な事故(破損、汚損など)

例)家具をぶつけてドアをこわしてしまった。誤ってテレビを倒し、こわしてしまった。

× × × ×

費用保険金

上記のほか、次の費用保険金をお支払いします。
⑦⑧⑨は、ご希望によりそれぞれセットしないご契約を選択することもできます。)

事故時諸費用保険金

上記の事故により損害保険金が支払われ、臨時に費用が生じる場合にお支払いします。

残存物取片づけ費用保険金

上記の事故により損害保険金が支払われ、残存物取片づけ費用が生じる場合にお支払いします。

地震火災費用保険金

地震もしくは噴火またはこれらによる津波が原因の火災で、所定の損害が発生した場合にお支払いします。

損害防止費用保険金

上記の事故による損害の発生または拡大の防止のために必要または有益な消火活動の費用をお支払いします。

地震保険(原則自動セット)

ホームプロテクト総合保険では、地震もしくは噴火またはこれらによる津波を原因とする損害は補償されません。 地震保険もあわせてご契約いただくことをおすすめします。

保険金をお支払いする場合

地震もしくは噴火またはこれらによる津波(以下「地震等」といいます。)を原因とする火災、損壊、埋没 または流失によって保険の対象である建物または家財に生じた損害が、「全損」「大半損」「小半損」または 「一部損」に該当した場合に、保険金をお支払いします。保険金は、実際の修理費ではなく、損害の程度に 応じて地震保険のご契約金額の一定割合(100%、60%、30%または5%)をお支払いします。

お支払いする保険金

  損害の程度(注1) お支払いする保険金の額
建物 家財
全 損

● 主要構造部(基礎・柱・壁・屋根等)の損害額が建物の時価の50%以上

● 焼失・流失した部分の床面積が建物の延床面積の70%以上

家財の損害額が家財の時価の80%以上 地震保険のご契約金額の100%(時価限度)
大 半 損

● 主要構造部(上記に同じ)の損害額が建物の時価の40%以上50%未満

● 焼失・流失した部分の床面積が建物の延床面積の50%以上70%未満

家財の損害額が家財の時価の60%以上80%未満 地震保険のご契約金額の60%(時価の60%限度)
小 半 損

● 主要構造部(上記に同じ)の損害額が建物の時価の20%以上40%未満

● 焼失・流失した部分の床面積が建物の延床面積の20%以上50%未満

家財の損害額が家財の時価の30%以上60%未満 地震保険のご契約金額の30%(時価の30%限度)
一部損(注2)

● 主要構造部(上記に同じ)の損害額が建物の時価の3%以上20%未満

● 全損・大半損・小半損・一部損に至らない建物が床上浸水または地盤面より45cmを超える浸水

家財の損害額が家財の時価の10%以上30%未満 地震保険のご契約金額の5%(時価の5%限度)

※1回の「地震等」(注3)による損害保険会社全社の支払保険金総額が11兆3,000億円を超える場合、お支払いする保険金は、 算出された支払保険金総額に対する11兆3,000億円の割合によって削減されることがあります。(2017年3月現在)

〈ご参考〉東日本大震災が発生した際には、削減することなく保険金は支払われております。 また、大震災発生時には、政府は復旧・復興に向け、地震保険以外の様々な施策も実施しています。

  • (注1) 損害の程度の認定は、「地震保険損害認定基準」に従います。
  • (注2) 損害の程度が一部損に至らない場合や、門、塀、垣、エレベーターまたは給排水設備のみの損害など主要構造部に該当しない部分のみの損害の場合は、保険金をお支払いできません。
  • (注3) 72時間以内に生じた2以上の「地震等」は、これらを一括して1回の「地震等」とみなします。

地震保険の割引制度

地震保険には住宅の免震・耐震性能に応じた保険料の割引制度があります。割引の適用を受けるためには、所定の確認資料が必要です。

地震保険料控除制度

ご契約者が個人の場合、払い込みいただいた地震保険料のうち、所定の金額については、税法上の地震保険料控除の対象となります。

  所得税の取扱い 住民税の取扱い
控除額 最高5万円 最高2万5千円
控除対象額 払込地震保険料の全額(注4) 払込地震保険料の半額(注4)
  • (注4) 地震保険の保険期間が1年を超える場合(地震保険長期契約)で、一括で保険料を払い込みいただいた場合には、 払い込みいただいた保険料を地震保険の保険期間で除した額が毎年の控除対象額となります。分割払の場合には、実際にその年中に払い込みいただいた地震保険料が、 控除対象額となります。上記は2017年(平成29年)3月現在の税法上の取扱概要を記載したものです。今後の税制改正により変更となる場合がありますので、ご注意ください。

保険金をお支払いできない主な場合

  • ・ご契約者、被保険者等の故意もしくは重大な過失または法令違反による損害
  • ・地震等の際における保険の対象の紛失または盗難
  • ・戦争、内乱などによる損害
  • ・地震等が発生した日の翌日から起算して10日を経過した後に生じた損害
  •    など
  • ※こちらは、AIG損保のホームプロテクト総合保険の概要についてご紹介したものです。
    ご契約にあたっては、必ず「パンフレット・重要事項説明書」をよくお読みください。
    ご不明な点がある場合には、取扱代理店までお問い合わせください。

2018年1月1日現在
引受保険会社:AIG損害保険株式会社
西東京営業支店 東京都八王子市旭町10-3安崎中央ビル3階 TEL:042-639-0720
営業時間:午前9時~午後5時(土・日・祝日・年末年始を除く)

承認番号 18G07871

いますぐ
一括見積り

火災保険ランキング

AIG損保