1. 火災保険比較サイトi保険 TOP
  2.  > 保険会社から火災保険を選ぶ
  3.  > 損保ジャパン日本興亜
  4.  > 損保ジャパン日本興亜の「マンション総合保険」
損保ジャパン日本興亜

損保ジャパン日本興亜

損保ジャパン日本興亜の火災保険
マンション総合保険

マンション総合保険はお客様(マンション管理組合)のニーズに合わせて自由に プランを設計できる火災保険です。

お見積もり・資料請求はこちら

補償内容

リスクに対応した契約プランをお選びください。

保険金のお支払いの対象となる事故

    • 火災
      落雷
      破裂・爆発

    • 風災・雹災・雪災

    • 保険の対象の外部からの物体の落下・飛来・衝突など

    • 騒擾・集団行動などに伴う暴力行為など

    • 盗難による盗取・損傷・汚損

地震保険

    • 地震
    • 地震保険に加入することにより補償されます。地震保険は原則付帯ですが、ご希望により外すこともできます。

オプションでセットできる特約

水災

水災補償特約★

台風、暴風雨、豪雨等による洪水・融雪洪水・高潮・土砂崩れ・落石等によるマンション共用部分の損害を補償します。

(注)損害の額がマンション共用部分の再調達価額の30%以上になった場合または床上浸水を被った場合にかぎります。

水濡ぬれ損害

水濡れ損害補償特約★

給排水設備に生じた事故等によるマンション共用部分の水濡れ損害を補償します。

(注)排水設備自体に生じた損害は補償されません。

不測かつ突発的な事故(破損・汚損など)+機械設備の電気的・機械的事故

破損・汚損損害等補償特約(電気的・機械的事故補償)★

破損・汚損等の損害に加え、マンション共用部分の機械設備(空調設備等)の電気的・機械的事故による損害を補償します。

【事故事例】

共用部分のエレベーターに過電流が流れ、部品が破損した。

不測かつ突発的な事故(破損・汚損など)

破損・汚損損害等補償特約(電気的・機械的事故対象外)★

不測かつ突発的な事故によるマンション共用部分の破損・汚損等の損害を補償します。

【事故事例】

マンション共用部分の窓ガラスが熱割れを起こし破損した。

水道管修理費用

水道管修理費用補償特約

マンション共用部分の専用水道管が凍結したことにより損害を被った場合の修理費用を補償します。
(1事故1敷地内につき、50万円が限度)

(注)パッキングのみに生じた損壊や専有部分の専用水道管にかかわる修理費用は除きます。

ドアロック交換費用

ドアロック交換費用補償特約

マンション共用部分のドアの鍵が盗まれ、ドアの錠を交換した場合に、被保険者が負担した費用をお支払いします。
(1事故につき、50万円が限度)

★の事故は、損害の額(再調達価額によって定めます。)から保険証券記載の自己負担額を差し引いた額をお支払いします(保険金額が限度)。

縮小てん補特約をセットした場合は、上記のお支払額や限度額が異なります。

事故に伴って必要となる費用の補償

残存物取片づけ費用

火災等の事故のあとの残存物を取片づけるために実際にかかった費用をお支払いします。
(損害保険金の10%が限度)

損害防止費用

消火活動に使った消火薬剤の再取得費用等、損害の発生または拡大防止にかかった必要または有益な費用をお支払いします。
(保険金額が限度)

水濡れ原因調査費用(水濡れ原因調査費用補償特約)

漏水事故が発生した場合に、その事故の原因を調査するために必要かつ有益な費用を補償します。
(契約年度ごとに、100万円が限度)

(注)水濡れ原因調査費用補償特約をセットするためには、水濡れ損害補償特約をセットする必要があります。

臨時費用(臨時費用補償特約)

火災等の事故によってマンション共用部分が損害を被った場合に、損害保険金とは別に損害保険金に保険証券記載の支払割合を乗じた額をお支払いします。支払割合は10%または30%からご選択いただけます。
(1事故につき、戸室数×100万円が限度)

(注)臨時費用保険金限定特約をセットした場合は、火災、落雷、破裂・爆発の事故にかぎります。

臨時の賃借・宿泊費用(賃借費用補償特約)

マンション共用部分が災害等にあったため、臨時に賃貸住宅や宿泊施設を利用するのに必要な費用を補償します。
(1世帯あたり1か月につき10万円が限度、1事故につき6か月が限度)

修理付帯費用(修理付帯費用補償特約)

火災等の事故によってマンション共用部分が損害を被った場合に、仮修理費用や仮設物の設置費用等を補償します。
(1事故1敷地内につき、保険金額の30%または1,000万円のいずれか低い額が限度)

地震火災費用(地震火災費用補償特約)

地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする火災で建物が半焼以上となった場合に、保険金額の5%をお支払いします。

失火見舞費用(失火見舞費用補償特約)

共用部分から発生した火災、破裂・爆発の事故で他人の所有物またはマンションの建物の専有部分および専有部分に収容される動産に損害が生じた場合の見舞金等の費用(1被災世帯あたり20万円)を補償します。
(1事故につき、その敷地内の保険金額×20%が限度)

オプション・サポートサービス

賠償責任等のマンションを取り巻くリスクの補償

賠償の補償

日常生活での賠償(個人賠償責任特約包括契約に関する特約)

マンションの居住者等の日常生活にかかわる他人へのさまざまな法律上の賠償責任を負担することによって被る損害を補償します。
(1事故につき、保険証券記載の保険金額が限度)

<示談交渉サービスについて>

  • ● 国内の事故にかぎり、損害賠償に関する示談交渉サービスを行います。
  • ● 示談交渉サービスのご利用にあたっては、被保険者(本特約の補償を受けられる方)および被害者の方の同意が必要となります。
  • ● この補償の対象となる事故にかぎります。
  • ● 賠償責任額が明らかに本特約の保険金額を超える場合は対応できません。

賠償の補償

施設の管理に関する賠償(施設賠償責任特約)

マンション共用部分の欠陥や管理業務上の過失による他人への法律上の賠償責任を負担することによって被る損害を補償します。(1事故につき、保険証券記載の保険金額が限度)

  • (注1)これらの特約では、損害の額から保険証券記載の自己負担額を差し引いた額をお支払いします。
  • (注2)これらの特約では、損害の原因調査の費用または損害の範囲を確定するための費用はお支払いできません。
  • (注3)施設賠償責任特約には、示談交渉サービスはありません。

ご近所への補償

類焼損害(類焼損害特約)

マンション共用部分から発生した火災、破裂・爆発の事故により近隣の住宅が損害を受けた場合に、近隣の住宅や家財の損害を補償します。(契約年度ごとに、1億円が限度)

(注)この特約によってお支払いする保険金の受取人は、類焼損害を被った近隣の家屋などの所有者となります。事故が発生した際、隣家の方々に、ご契約者さまから、この保険契約の内容をお伝えいただくとともに、損保ジャパン日本興亜へ類焼損害の発生をご通知いただく等のお手続きが必要となります。なお、類焼被害を被った隣家等が複数の場合は、損害額の確定とお支払手続きに時間がかかることがあります。

その他の補償

共有する什器・備品の補償(什器・備品等損害補償特約)

火災等の事故によって区分所有者全員が共有している什じゅう器・備品が損害を被った場合に、その損害を補償します。

その他の補償

宅配ロッカー内の荷物の補償(宅配ロッカー内動産補償特約)

不測かつ突発的な事故によって宅配ロッカー内の動産が損害を被った場合に、その損害を補償します。

(注)損害の額(再調達価額によって定めます。)から5千円の自己負担額を差し引いた額をお支払いします。(1事故につき、10万円が限度)

初年度については、保険期間の初日から1年間、次年度以降については、保険期間の初日応当日からそれぞれ1年間をいいます。ただし、1年未満の端日数がある場合は、その保険期間の初日応当日から保険期間の末日までの期間とします。

複数のご契約がある場合で上記特約等をそれぞれにセットすると、補償に重複が生じることがありますので、ご注意ください。

  • ※こちらは、損保ジャパン日本興亜「マンション総合保険」の概要についてご紹介したものです。詳しい内容につきましては、「ご契約のしおり」「重要事項説明書」をご確認ください。なおご不明な点がある場合には、取扱代理店までお問い合わせください。

SJNK17-80230(平成29年9月26日)

いますぐ
一括見積り

火災保険ランキング

損保ジャパン日本興亜