1. 火災保険比較サイトi保険 TOP
  2.  > 保険会社から火災保険を選ぶ
  3.  > 日新火災
日新火災 住宅安心保険(総合型)

日新火災

住宅ローン利用住宅向けはこちら

日新火災の火災保険
住宅安心保険(総合型)の補償内容

日新火災は、「住宅安心保険」で、火災などの様々なリスクからお客様の住宅や家財を守ります。

お見積もり・資料請求はこちら

損害保険金

保険の対象(建物や家財)に下記のような事故が起こったときにお支払いします。

補償プラン
■ 補償内容
  • ○=補償されます
  • ×=補償されません
標準 破損・汚損等
補償
対象外
水災補償
対象外
水災・破損
・汚損等
補償対象外
自然災害・
破損・汚損等
補償対象外
火災リスク
限定
火災リスク
火災、落雷、
破裂・爆発
風災リスク
風災・雹(ひょう)災、雪災
× ×
水災リスク
水災

床上浸水等の条件を満たさない損害は対象となりません。
水災とは、台風、暴風雨などによる土砂崩れを含みます。

× × × ×
盗難

水濡れ等リスク
水ぬれ

自然劣化等による雨漏りの損害や給排水設備自体に生じた損害は対象となりません。

×
物体の落下・
飛来・衝突・
倒壊等
×
騒擾(じょう)・集団行動・労働争議に伴う暴力行為・破壊行為
盗難

保険の対象が高額貴金属等のときは、1回の事故につき、1個または1組ごとに100万円が限度となります。

通貨・預貯金証書の盗難

保険の対象が家財の場合
1回の事故につき、1敷地内ごとに通貨は20万円、預貯金証書は200万円または家財の保険金額のいずれか低い額が限度

×
破損等リスク
破損・汚損等

【自己負担額】
保険の対象ごとに1万円
保険の対象が家財、高額貴金属等のときは1個または1組ごとに30万円が限度となります。

× × × ×
  • ※上記プラン以外にも、ご案内可能です。「火災、落雷、破裂・爆発」「騒擾(じょう)・集団行動・労働争議に伴う暴力行為・破壊行為」以外の基本補償については自由に設計できます。
  • ※上記の補償は、自己負担額を0円(破損・汚損等は1万円)で設定した場合の説明です。自己負担額を0円以外で設定することもできます。

事故に伴う費用

費用保険金

全プラン共通で自動的にセットされる各種費用の補償です。

  • 臨時費用
    保険金
  • 残存物取片づけ
    費用保険金
  • 先火見舞費用
    保険金
  • 修理付帯費用
    保険金
  • 特別費用保険金
  • 損害防止費用

※風災、雹(ひょう)災、雪災の補償が付帯されていないプランは臨時費用保険金・特別費用保険金を補償対象とすることができません。

地震保険について

地震、噴火またはこれらによる津波を原因とする火災、損壊、流失などの損害は
「住宅安心保険」だけでは補償の対象となりません。「地震保険」をあわせてご契約ください。

地震保険のご契約にあたって

地震保険の対象となるもの

建物

居住用の建物(店舗や事務所等のみに使用されている建物は除きます。)

家財

居住用の建物に収容されている家財(自動車や1個または1組の価額が30万円を超える貴金属類などは除きます。)

地震保険の保険金額

地震保険の保険金額は「住宅安心保険」の保険金額の30%~50%の範囲内でお決めいただきます。ただし、他の地震保険契約と合算して建物5,000万円、家財1,000万円が限度となります。マンション等の区分所有建物の場合は区分所有者ごとに限度額が適用されます。

地震保険のお申込み

地震保険だけではご契約いただけません。「住宅安心保険」などの火災保険にセットして地震保険をお申込みください。火災保険のご契約時に地震保険をご契約されなかった場合でも、火災保険の保険期間の中途から地震保険をご契約いただけますので、希望される場合にはご連絡ください。

保険金をお支払いできない主な損害

  • 地震等が発生した日の翌日から起算して10日を経過した後に生じた損害
  • 地震等の際の保険の対象の紛失・盗難の損害
  • など
「地震保険について」詳細を見る
  • ※こちらは、日新火災「住宅安心保険」の概要についてご紹介したものです。詳しい内容につきましては、「住宅安心保険パンフレット」「ご契約のしおり」「重要事項説明書」をご確認ください。
    なおご不明な点がある場合には、株式会社アイ・エフ・クリエイトまでお問い合わせください。

日新火災 NH2012 0002

いますぐ
一括見積り

火災保険ランキング

日新火災