1. 火災保険比較サイトi保険 TOP
  2.  > 物件から火災保険を選ぶ
  3.  > 物件を貸している方向けの火災保険

物件を貸している方向けの火災保険

物件を貸している方向け火災保険についてご紹介いたします。

賃貸経営建物オーナー様向け火災保険とは?

賃貸用マンション・アパート(不動産投資用物件)には、通常の火災保険でカバー可能なリスクに加え、様々なリスクが存在します。
それらを特約等でカバーするのが、マンション・アパート賃貸オーナー様向けの火災保険となります。代表的なリスクおよび特約をご紹介いたしますので、備えておくと安心です。

【代表的なリスク】

  • ・火災や自然災害等による財物損壊リスク
  • ・漏水事故や屋根の剥がれ等、建物の所有、使用または管理に起因する賠償リスク
  • ・火災や自然災害の事故による建物修復時の一時的な家賃減少リスク
  • ・事故物件(死亡事故発生)に起因するリスク

※それぞれのリスクに対応する特約がありますが、保険会社ごとに取扱いの有無が異なります。

お見積もり・資料請求はこちら

取扱保険会社・保険商品一覧

あいおいニッセイ同和損保

タフ・住まいの保険(家庭総合保険)

朝日火災

ホームアシスト(家庭総合保険)

AIU保険

スイートホームプロテクション(ホームライフ総合保険)

セコム損保

セコム安心マイホーム保険(家庭総合保険)

損保ジャパン日本興亜

THE すまいの保険(個人用火災総合保険)

東京海上日動

トータルアシスト住まいの保険

日新火災

住宅安心保険(総合型)

富士火災

未来住まいる(家庭用火災総合保険)

三井住友海上

GK すまいの保険(家庭用火災保険)大家さん向け

保険選びのポイント

優先させるは補償か保険料(コスト)か?

前途【代表的なリスク】それぞれに対応する特約はありますが、特約をセットすれば、当然、保険料は上がります。
また、特約自体が無い保険商品もあるため、基本補償の保険料は安いが、特約をセットできないといったケースも生じてしまいます。

「リスク」、「補償」、「保険料」すべての要素を勘案した上でのプラン選択が、より重要になります。

ご検討いただく方が多いおすすめの特約

建物管理賠償責任特約(施設賠償責任特約)

建物の安全性の維持・管理の不備などが原因で、入居者などの他人にケガをさせたり(対人)、他人の物を損壊したり(対物)する事故が生じた結果、被保険者(保険の補償を受ける方)が法律上の賠償責任を負担された場合に保険金が支払われます。

※保険会社によって特約の名称が異なる場合があります。

例えばこんな事故…

  • ・外壁がはがれ落ち、通行人にケガをさせてしまった。
  • ・建物内の手すりが取れ、階段から落ちケガをさせてしまった。

家賃補償特約

火災などの事故が発生し、損害を受けた結果発生する家賃の損失を、ご契約時に定めた家賃月額および復旧期間を限度に補償する特約です。

「家賃補償特約の保険金額」=「家賃月額」×「約定復旧期間(月数)」

例えばこんな事故…

・大きな火災事故があったため、復旧までの間家賃収入が減少した。

家主費用特約

賃貸住宅内で死亡事故が発生し、賃貸住宅が空室となった結果、発生した空室期間または空室期間の短縮のため家賃を値引きしたことによる値引き期間の家賃損失を補償します。
また、「修復・清掃・脱臭費用等」の原状回復のための費用や遺品整理にかかった費用を実費補償します。(保険会社により支払限度額は異なります)

建物を守るには…

入居者が借家人賠償付の保険に入っていても補償されるのは入居者の過失が問われる場合のみ。不審火や、風災などの自然災害等については、マンション・アパート賃貸オーナー様が修復する必要があります。入居している方がいれば修復は急務。突然の出費の為にもご加入をおすすめします。

このホームページは、各保険の概要についてご紹介しており、特定の保険会社名や商品名のない記載は一般的な保険商品に関する説明です。 取扱商品、各保険の名称や補償内容は引受保険会社によって異なりますので、ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず重要事項説明書や各保険のパンフレット(リーフレット)等をよくお読みください。 ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。

いますぐ
一括見積り

火災保険ランキング