地震保険の損害の区分

損害の程度 保険金をお支払いする場合 支払い保険金
建 物 家 財
全損

地震等により損害を受け、主要構造部(基礎、柱、壁、屋根等)の損害の額が、その建物の時価額の50%以上となった場合、または焼失もしくは流失した部分の床面積が、その建物の延床面積の70%以上となった場合。

地震等により損害を受け、損害の額が保険の対象である家財の時価額の80%以上となった場合。

地震保険の
保険金額
×100%
(時価額限度)

半損

地震等により損害を受け、主要構造部(上記に同じ)の損害の額が、その建物の時価額の20%以上50%未満となった場合、または焼失もしくは流失した部分の床面積が、その建物の延床面積の20%以上70%未満となった場合。

地震等により損害を受け、損害の額が保険の対象である家財の時価額の30%以上80%未満となった場合。

地震保険の
保険金額×50%
(時価額の50%が限度)

一部損

地震等により損害を受け、主要構造部(上記に同じ)の損害の額が、その建物の時価額の3%以上20%未満となった場合。

地震等により損害を受け、損害の額が保険の対象である家財の時価額の10%以上30%未満となった場合。

地震保険の
保険金額×5%
(時価額の5%が限度)

※「全損」「半損」「一部損」の認定について地震保険の損害認定処理を迅速・的確・公平に行うために一般社団法人日本損害保険協会が制定した「地震保険損害認定基準」に従って認定します。

閉じる