1.  > 火災保険用語集

火災保険用語集

火災保険によく使われる用語をわかりやすく解説!用語を理解すれば補償内容もわかりやすくなります。

あ行

一般物件(いっぱんぶっけん)

石造建物(いしづくりたてもの)

屋外設備(おくがいせつび)

オール電化住宅(おーるでんかじゅうたく)

▲ ページの先頭へ

か行

解除(かいじょ)

家財(かざい)

危険(リスク)(きけん(りすく))

共同住宅(きょうどうじゅうたく)

クーリング・オフ(くーりんぐ・おふ)

稿本(こうほん)

告知義務(こくちぎむ)

コンクリート造建物(こんくりーとづくりたてもの)

コンクリートブロック造建物
(こんくりーとぶろっくづくりたてもの)

 

▲ ページの先頭へ

さ行

再調達価額(さいちょうたつかがく)

時価額(じかがく)

敷地内(しきちない)

始期日(しきび)

地震保険料控除制度
(じしんほけんりょうこうじょせいど)

失効(しっこう)

主要構造部(しゅようこうぞうぶ)

商品・製品等(しょうひん・せいひんとう)

省令準耐火建物(しょうれいじゅんたいかたてもの)

準耐火建築物(じゅんたいかけんちくぶつ)

水災(すいさい)

雪災(せっさい)

設備・什器等(せつび・じゅうきとう)

専用使用権付共用部分
(せんようしようけんつききょうようぶぶん)

騒じょう(そうじょう)

 

▲ ページの先頭へ

た行

建物(たてもの)

耐火建築物(たいかけんちくぶつ)

他の保険契約等(たのほけんけいやくとう)

通知義務(つうちぎむ)

鉄骨造建物(てっこつづくりたてもの)

 

▲ ページの先頭へ

な行

日本損害保険協会(にほんそんがいほけんきょうかい)

 

▲ ページの先頭へ

は行

被保険者(ひほけんしゃ)

風災(ふうさい)

併用住宅(へいようじゅうたく)

保険期間(ほけんきかん)

保険金(ほけんきん)

保険金額(ほけんきんがく)

保険契約者(ほけんけいやくしゃ)

保険の対象(ほけんのたいしょう)

保険申込書(ほけんもうしこみしょ)

保険料(ほけんりょう)

▲ ページの先頭へ

ま行

満期日(まんきび)

未婚(みこん)

無効(むこう)

明記物件(めいきぶっけん)

免責金額(自己負担額)
(めんせききんがく(じこふたんがく))

持ち出し家財(もちだしかざい)

▲ ページの先頭へ

や行

床上浸水(ゆかうえしんすい)

約款(ご契約のしおり)
( やっかん(ごけいやくのしおり))

▲ ページの先頭へ

ら行

料率(りょうりつ)

リスク(危険)(りすく(きけん))

れんが造建物(れんがづくりたてもの)

 

▲ ページの先頭へ

わ行

割増引(わりましびき)

 

▲ ページの先頭へ

あ行

■一般物件(いっぱんぶっけん)

住宅物件、工場物件、倉庫物件以外の物件のことを指します。

■石造建物(いしづくりたてもの)

石材を積み重ねて造った建物をいいます。

■屋外設備(おくがいせつび)

井戸、側溝、敷石等の敷地内にある屋外の設備をいいます。

■オール電化住宅(おーるでんかじゅうたく)

キッチン、給湯、空調等を全て電気でまかなう物件を指します。

▲ ページの先頭へ

か行

■解除(かいじょ)

保険契約の全部または一部の効力を将来に向かって、なかったものと同様の状態にすることをいいます。

■家財(かざい)

生活用の動産をいい、業務用にのみ使用されるものを除きます。

■危険(リスク)(きけん(りすく))

損害の発生の可能性をいいます。

■共同住宅(きょうどうじゅうたく)

一つの建物が1世帯の生活単位となる戸室を2以上有し、各戸室または建物に付属して各世帯が炊事を行う設備があるものをいいます。
例:分譲マンション 賃貸用アパート

■クーリング・オフ(くーりんぐ・おふ)

ご契約後のお申出であっても、ご契約のお申込の撤回またはご契約の解除※1ができる制度のことをいいます。
※ご契約者からの意思表示によって、保険契約の効力を失わせることをいいます。
保険期間が1年を超えるご契約が対象です。ご契約者がご契約を申し込まれた日または重要事項説明書を受領された日のいずれか遅い日からその日を含めて8日以内(消印有効。普通便で可。)であれば、ご契約のお申込の撤回または解除(クーリングオフ)を行うことができます。 (注)保険会社により異なります。

■稿本(こうほん)

本などの原稿をいいます。

■告知義務(こくちぎむ)

ご契約の際に、「事故発生にかかわる重要な事項」として申込書に記載頂くよう定めた事項に対して、事実を正確に回答いただく義務をいいます。

■コンクリート造建物(こんくりーとづくりたてもの)

全ての柱(附け柱、飾り柱等を除きます)をコンクリートで造った建物をいいます。

■コンクリートブロック造建物(こんくりーとぶろっくづくりたてもの)

コンクリートブロックを積み重ねて造った建物をいいます。

▲ ページの先頭へ

さ行

■再調達価額(さいちょうたつかがく)

保険の対象と同一の構造、質、用途、規模、型、能力の物を再築または再取得するのに必要な金額をいいます。

■時価額(じかがく)

上記、再調達価額から使用による消耗分を差し引いた金額をいいます。

■敷地内(しきちない)

保険の対象の所在する場所およびこれに連続した土地で、同一のご契約者または被保険者によって占有されているものをいいます。

■始期日(しきび)

保険期間の初日をいいます。

■地震保険料控除制度(じしんほけんりょうこうじょせいど)

個人契約の場合、お支払いいただく地震保険料が控除の対象となり、所得税については50,000円まで、個人住民税については25,000円まで年間の課税対象額から控除されます。
※平成26年4月現在

■失効(しっこう)

一定の条件に該当することにより自動的に保険契約が効力を失い終了することをいいます。

■主要構造部(しゅようこうぞうぶ)

壁、柱、床、はり、屋根または階段をいい、建物の構造上重要でない間仕切り壁、間柱、附け柱、揚げ床、最下階の床、廻り舞台の床、小ばり、ひさし、局部的な小階段、屋外階段、その他これらに類するものを除きます。

■商品・製品等(しょうひん・せいひんとう)

建物内に収容される、販売用の商品、製品やその原材料等をいいます。

■省令準耐火建物(しょうれいじゅんたいかたてもの)

勤労者財産形成促進法施行令に定める耐火性能を有する構造の建物として、独立行政法人住宅金融支援機構の定める仕様に合致するもの、または同機構の承認を得たものをいいます。なお、同機構の「まちづくり省令準耐火建物」は該当しません。

■準耐火建築物(じゅんたいかけんちくぶつ)

建築基準法第2条第9号の3に定める準耐火建築物をいいます。建築確認申請書第四面をご確認ください。

■水災(すいさい)

豪雨、暴風雨、台風などによる洪水・融雪洪水・高潮・土砂崩れなどをいいます。

■雪災(せっさい)

豪雪、雪崩(なだれ)などをいい、融雪洪水を除きます。

■設備・什器等(せつび・じゅうきとう)

建物内に収容される、業務用の設備、装置、什器や備品等をいいます。

■専用使用権付共用部分(せんようしようけんつききょうようぶぶん)

分譲マンションなど、区分所有された共同住宅の入居者で構成される管理組合の規約に基づき、区分所有者が専ら使用・管理するドア、バルコニーまたは物入れ等の共用部分をいいます。

■騒じょう(そうじょう)

群衆または多数の者の集団行動によって、数世帯以上またはこれに準ずる規模にわたり、平穏が害される状態または被害を生ずる状態であって、暴動に至らないものをいいます。

▲ ページの先頭へ

た行

■建物(たてもの)

土地に定着し、屋根および柱または壁を有するものをいいます。

■耐火建築物(たいかけんちくぶつ)

建築基準法第2条第9号の2に定める耐火建築物をいいます。建築確認申請書第四面をご確認ください。

■他の保険契約等(たのほけんけいやくとう)

既に締結している(またはこれから締結しようとしている)保険契約の全部または一部に対して支払責任が同じである他の保険契約または共済契約をいいます。

■通知義務(つうちぎむ)

ご契約後に、保険会社が告知を求めた事項に変更が生じた場合等にご連絡をいただく義務をいいます。

■鉄骨造建物( てっこつづくりたてもの )

全ての柱(附け柱・飾り柱等を除きます)を鉄骨(CFTを含む)または鋼材を用いて組み立てて造った建物をいいます。

▲ ページの先頭へ

な行

■日本損害保険協会(にほんそんがいほけんきょうかい)

損害保険会社の業界団体。損害保険業の健全な発達及び信頼性の維持を図ることを目的とし、様々な活動を行っています。

▲ ページの先頭へ

は行

■被保険者(ひほけんしゃ)

保険契約により補償を受けられる方をいいます。

■風災(ふうさい)

台風、旋風、竜巻、暴風、暴風雨などをいい、洪水や高潮などを除きます。

■併用住宅(へいようじゅうたく)

店舗や事務所などを併設した居住用建物をいいます。

■保険期間(ほけんきかん)

保険責任の始まる日から終わる日までの期間であって、保険証券に記載の保険期間をいいます。

■保険金(ほけんきん)

補償の対象となる事故によって損害が生じた場合に、保険会社が被保険者にお支払いする金銭のことをいいます。

■保険金額(ほけんきんがく)

保険契約により補償される損害が発生した場合に保険会社が支払うべき保険金の限度額をいいます。

■保険契約者(ほけんけいやくしゃ)

保険会社に保険契約の申込みをされる方で、保険料の支払などの一切の義務を負う方をいいます。

■保険の対象(ほけんのたいしょう)

保険契約により補償されるものをいいます。(建物・家財・明記物件等)

■保険申込書(ほけんもうしこみしょ)

保険会社に保険契約の申込みをするために提出する書類をいい、申込みに必要な内容を記載した付属書類がある場合には、これらの書類を含みます。

■保険料(ほけんりょう)

保険契約者が保険契約に基づき保険会社に払込むべき金銭をいいます

▲ ページの先頭へ

ま行

■満期日(まんきび)

保険期間の末日をいいます。

■未婚(みこん)

これまでに婚姻歴がないことをいいます。

■無効(むこう)

保険契約の全ての効力が、保険契約締結時から生じなかったものとして取り扱うことをいいます。

■明記物件(めいきぶっけん)

1個または1組の価額が30万円を超える貴金属、書画・骨董品・美術品や稿本等につきましては、明記物件となります。
明記物件は家財補償とは別に申込書に明記していただき、明記物件保険料をいただきお引き受けいたします。
(注)保険会社にて取り扱いが異なります。

■免責金額( 自己負担額 )(めんせききんがく(じこふたんがく))

支払保険金の計算にあたって損害の額から差し引く金額で、自己負担となる金額をいいます。

■持ち出し家財(もちだしかざい)

保険の対象である家財のうち、被保険者または被保険者と同居または生計を共にする親族によって、旅行、買物等のために保険証券記載の建物から一時的に持ち出された家財のことをいいます。※保険会社によって規定が異なります。

▲ ページの先頭へ

や行

■床上浸水(ゆかうえしんすい)

居住の用に供する部分の床を超える浸水をいいます。なお、「床」とは畳敷または板張りなどのものをいい、土間、たたきの類を除きます。

■約款(ご契約のしおり)(やっかん(ごけいやくのしおり))

「保険金をお支払いする場合」、「保険金をお支払いできない主な場合」等の保険の内容が記載された小冊子。

▲ ページの先頭へ

ら行

■料率(りょうりつ)

保険料を決定するための数値(割合)です。

■リスク(危険)(りすく(きけん))

損害の発生の可能性をいいます。

■れんが造建物(れんがづくりたてもの)

れんがを積み重ねて造った建物をいいます。

▲ ページの先頭へ

わ行

■割増引(わりましびき)

保険会社によっては、物件の設備や状況により、保険料に割引(割増)が適用されます。
割引例:オール電化住宅割引(AIU、セコム損害)、新長期・新築割引(三井住友海上)
割増例:建築年割増(AIU)動産割増

▲ ページの先頭へ

お見積もり・資料請求はこちら

  • 一戸建ての方はこちら
  • マンションの方はこちら

保険比較サイトi保険(あいほけん)サポートセンター 通話無料0120-183-183