1. 火災保険比較サイトi保険 TOP

初めての方でも簡単に比較!チャートで保険商品選び

賃貸住宅入居者向け火災保険はこちら

火災保険とは

火災保険とは、火災や落雷、爆発、風災、雪災などによって保険の対象(建物や家財等)に損害を被った場合に補償される保険です。火災保険は住宅用のものと事業用のものに分類され、保険の対象の所在地や建物の構造、火災保険商品などによって保険料が異なります。住まいの環境や取り巻くリスクを考慮して必要な補償を選択しましょう。
近年、異常気象による風災、水災、雪災等の被害も多く報告されており、今まで以上に補償の選択は重要となります。たとえば、河川の氾濫などによる家屋の倒壊や浸水被害は水災の補償に入っていないと補償されません。また、同じ水害でも津波によるものは、地震保険に加入しないと通常の水災補償では補償されません。それに加えて、保険の目的についても、建物のみを対象とするのか、それとも、建物とそれに収容される家財の両方を対象にするのかで保険料も大きく変わります。建物の立地や構造など勘案して、罹災時にご加入を検討の火災保険がどこまで補償されるのかをよく確認して契約することが大切です。

物件から火災保険を選ぶ

▸ 専用・併用住宅物件(一戸建て・マンション・店舗兼住居)
住居のみに使用される建物、住居と店舗等が併用された建物や家財を補償する保険です。(保険会社により取扱いが異なります。)
▸ 一般物件(事務所・店舗・工場等)
店舗、事務所等の建物や設備・什(じゅう)器等を補償する保険です。テナント入居者専用の保険もこちらとなります。
▸ 賃貸物件(住居)
賃貸の住居にお住まいの方専用の家財の保険です。
▸ マンション・アパート賃貸オーナー
建物、入居者への賠償等を補償する保険です。
▸ マンション管理組合
管理組合専用の共用部分の補償をする保険です。

保険会社から火災保険を選ぶ

東京海上日動 三井住友海上 損保ジャパン日本興亜 AIU保険 富士火災 日新火災
セコム損保 朝日火災 あいおいニッセイ同和損保 セゾン自動車火災保険 ジェイアイ傷害火災 エース保険

よくあるご質問

特によくあるご質問をQ&A形式でお答えします。複雑だった火災保険がとても簡単に理解できます。

火災保険比較サイトi保険について

火災保険・地震保険比較サイトi保険(あいほけん)では、オリジナルの比較システム<保険料サーチ>と保険に精通した専門スタッフによるきめ細やかな対応で、お客さまのご希望に合った火災保険選びをお手伝いいたします。火災保険は同じ保険会社の商品でも補償内容や保険期間の組み合わせにより契約タイプは何百通りにもなります。それが複数社となれば何千通りとなります。そこで、弊社では取扱保険会社全ての火災保険を同一もしくは類似の補償内容で商品比較できるシステムを構築し、各社の保険商品を簡単、わかりやすく、スピーディーに選択することが可能です。保険料だけでなく補償内容や付帯サービスも含めて、なぜこの商品が必要なのかを、ご理解いただきご加入いただける点が当社の強みとなっております。 是非とも火災保険・地震保険選びには、火災保険比較サイトi保険(あいほけん)をご利用いただければ幸いです。

火災保険比較サイトi保険からお知らせ

  • 2015.10.1各保険会社の改定に伴い、保険料サーチならびに商品掲載ページをリニューアルいたしました。
  • 2014.9.1損保ジャパンと日本興亜損保が合併し、損保ジャパン日本興亜になりました。
  • 2014.6.92014年6月、株式会社アイ・エフ・クリエイトはプライバシーマークを取得しました。
  • 2014.1.29日新火災のお部屋を借りるときの保険を追加しました。
  • 2013.11.20朝日火災の保険料サーチに10年超35年未満の保険料を追加しました。
  • 2013.3.6火災保険比較サイトi保険をリニューアルしました。

保険比較サイトi保険(あいほけん)サポートセンター0120-183-183

i保険成約者件数調べ(H)

15-T04915
2016年9月24日 B15-102180
SJNK15-09002 2015/9/28
AIU-首-15-140006
2015.9 29600 16-148S
日新火災 NH1509 0005
SEK-1101-1509-0046
C26-0004
(2015年10月) B15-102720