1.  > 各社特徴の比較一覧(東京海上日動、三井住友海上、損保ジャパン日本興亜、AIU、富士火災)

各社特徴の比較一覧

保険会社主要9社の商品内容や保険金をご紹介します!

■比較一覧表

商品名

トータルアシスト
住まいの保険

GK すまいの保険

THE すまいの保険
個人用火災総合保険

スイートホーム
プロテクション

未来住まいる
家庭用火災総合保険

引受について

 

 

 

1980年以前は1年
ローン無10年まで
保険金額
2.5億以上1年 等

築40年の
物件引受け不可

免責金額
(自己負担額)

共通免責
0円・5千円・
3万円・5万円

共通免責:建物
1万円・2万円・3万円・
5万円・10万円
共通免責:家財
1万円・2万円・
3万円・5万円

共通免責
0円・1万円・3万円・
5万円・10万円
「0円・1万円はベーシックプランのみ」

風災免責:10万円・20万円・フランチャイズ免責0円は家財セットの場合のみ

共通免責0円・5万円
風災はフランチャイズも可






家財限度額

30万円 or 50万円

100万円
または家財保険金額のいずれか低い額

30万円

50万円

建物
免責金額

共通免責

共通免責

共通免責
0円を選択した
場合でも1万円

1万円 or 10万円

1万円、3万円

家財
免責金額

共通免責

共通免責

共通免責
0円を選択した
場合でも1万円

1万円

1万円、3万円

備考

家財6年超補償無

家財6年以上年補償無

 

 

 

家財盗難
通貨・預貯金
限度額

通貨:30万円
預金証書:500万円

通貨:30万円
預金証書:300万円

通貨:20万円
預金証書:200万円

通貨:20万円
預金証書:200万円

通貨:20万円
預金証書:200万円





名称

臨時費用補償特約

事故時諸費用特約

臨時費用保険金

事故時諸費用特約

罹災時諸費用保険金

支払金額
(損害保険金に
対する割合)
/限度額

損害保険金×10%
保険の対象ごとに100万円限度or無

20%/300万円
10%/300万円

30%/300万円
30%/100万円
20%/100万円
10%/100万円

30%/100万円
10%/100万円

30%/300万円
30%/100万円
10%/100万円

備考

火災リスク限定等
限定補償パターン

 

 

 

基準となるのは
30%/100万円
「火災リスク限定」
「家財補償対象外」




明記しない
場合
(自動補償)

1事故合計
100万円を限度に
自動補償

1個または1組につき
30万円限度に
自動補償

保険期間を通じ
1回の事故に限り
30万円を補償

1個または
1組100万円
1事故300万円を限度に自動補償
稿本等は対象外

1個または
1組30万円
1事故100万円を限度に自動補償
稿本等は対象外

明記する場合

500万円/1000万円
のいずれかに
増額可能

家財明記物件特約
をセットすることで
1000万円まで明記した金額を補償
(盗難、破損は100万円)

明記物件とし、
明記した金額を補償

「美術品等の明記に関する特約」をセットすることで、ここに明記した時価額まで補償。盗難は100万円限度

明記物件とし、
明記した金額を補償

保険料の
お支払い

・口座振替
・クレジットカード払い
(5年まで)
・コンビニ払い
(5年まで)

・口座振替
・銀行振込
・クレジットカード払い
・払込票払い

・口座振替
・銀行振込
・クレジットカード払い
・払込票払い

・口座振替
・銀行振込
・クレジットカード払い
・払込票払い

・口座振替
・銀行振込
・クレジットカード払い
・コンビニ払い
(5年まで)

 

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

 

13-T-12165

2015年6月26日
B14-100921

SJNK14-90053

 

 

※損害の額が20万円以上の場合に補償されます。

上記の比較は、特定の保険商品の比較であり内容全てが掲載されているものではありません。参考情報としてご利用いただき、ご加入の際は商品の詳細について必ず各保険会社のウェブサイトをご参照ください。保険料には記載の項目以外のオプションが付帯されている場合があります。また、プラン・契約条件・オプションの有無により保険金額や補償内容は異なります。

i保険ナビダイヤル0120-183-183